相手>自分。これまでの自分との決別

私は、自分よりも相手の事を思っていると勘違いしていた。実は、相手の事などこれっぽっちも考えてなかった。自分の事が嫌いと言ってきたが、いつも守ろうとするのは自分。自分の事が大事で仕方なかったのだ。

自分を守ろうとする事が、結果的に相手の事も自分の事も傷付けてしまった。結果、自分の周りには人が集まらないし、連絡も来ない。

自分は一人が好きだと思うが、構ってくれとも言うし、非常に面倒くさい。こんな自分は嫌いと思うが、どこかで可愛くて保身に走るのだろう。

もう四十もとうに過ぎた。若いならまだ救いようもあるかもしれないが、悪い状態でここまできた。人生の折り返し地点、これまでの自分と決別して、もっと相手の事を、相手が喜ぶ事を考えてみないか?

自分に徹した結果、何も無かったのはもう分かったのだから、今度は相手が喜ぶことに時間を費やそう。

後ろ向き、ネガティブとか言ってきたけど、ぜーんぶ自分の話。もう辞めないか?と自分に言い聞かせてます。

これから変わります。変わっていきます。もっと人から慕われるような人でありたい。自分至上でなく、相手が喜ぶことをしたい。

このタイミングを決別の時として、頑張っていきます。もうネガティブとかは置いておこう。すぐに前向きにはなれんと思うけど、自分よりも相手の事を考えます。

これを読んでくれたあなたにお願いしたい。私が相手の事を考えているか確認してほしい。ここでも、インスタでも、ツイッターでも、私に気づかせてほしい。ぜひお願いします。

後ろ向きな言葉は自分の中にとどめます。相手の事を考える私に変わります。そして、その事に気付かせてくれた彼に最大の感謝を贈ります。ありがとう。

#相手 #これまでの自分との決別 #若人 #若い人に早く気付いてほしい #自己中 #自尊心 #恩返し #熊本 #アラフォー #人生折り返し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください