何をするにも自信が無く、不安と恐怖に駆られて身動きが取れない。
人からの注意や指摘を恐れ、自分で選択することができない。
要領が悪いので、飲み込みが悪いし、手先が不器用なので、うまく操作ができない。
人に指摘することができず、自分が言われるだけのイエスマン。
どれもこれも自分が努力、勉強をしてこなかった結果。にもかかわらず、人をうらやみ、ねたみ…。こんな面倒くさい自分が嫌いで嫌。
何も良いところが無いので、もっと前向きな自分になりたい。

#自信無い #不安 #恐怖 #身動きが取れない #注意 #指摘 #恐れ #選択できない #要領が悪い #飲み込みが悪い #不器用 #イエスマン #面倒くさい自分 #前向きな自分になりたい

なぜ約束を守らないのか、守れないのか。自分の人でなしっぷりが良く分かる。自分で都合の良い解釈しかしないからだろう。どうやったら治せるのだ?
脳みそのキャパシティが少ないので、覚えきれない。それならメモすれば良い。
情けないが、自分頑張ってくれ。

#約束 #約束破り #約束守る #熊本 #ソフトウェア開発 #プログラマー #システムエンジニア #ごめんで済むなら警察はいらない

バーベキュー用に買った焼肉用コンロ「ジュージューボーイ」で、焼き鳥に挑戦してみた。まあ、ただ焼くだけなのだが…。

とはいえ、普段料理もしないので、なかなか焼き加減とか難しかったです。

少し作り過ぎちゃったけど、おいしくできました。誕生日記念チャレンジでした。

#熊本 #アラフォー #オヤジ #誕生日 #焼き鳥 #自宅 #ジュージューボーイ #チャレンジ #挑戦 #面倒くさがりの自分にしては珍しい

あっと言う間に元号も改まりましたね。元号が変わったタイミングを会社で迎えました。ほとほと仕事ができない自分にはがゆくさいなまれています。アクセスもほとんどない当サイトですが、どうぞ令和もよろしくお願いいたします。

自分が生まれた昭和は、もう二つ前の元号なんだなと思うと、歳を取ったことを切実に感じさせられます。四十を過ぎ、私はあまり良い歳の取り方はしていないなと自分で思います。

若い頃に、いろいろなことにチャレンジしたり努力したり…ということをしてこなくて、今を迎えているので、何にしてもレベルが低く、中途半端です。人に自信を持って言えることも無いくせに、歳ばかりは取っているものだから、他の方には去勢を張り、知ったかぶりをし、知らない事を聞けないと。

数十年もこの体たらくでやってきたのですから、後悔しても仕方ないので、ではこの先どうしていくのかを考えていかなければなりませんね。この歳からでもまだ挽回はできるだろうか、望みは薄いと思いつつも頑張るしかないですね。

特に若い方々に言いたいのは、今のうちにできること、したいことをたくさんやっておいた方が良いです。十年後、二十年後にどのような自分でいたいかを考えて、その将来を見据えて若い頃から努力を重ねた方が良いと思います。歳を取ってから気付いても結構きついです。今私がそうですから間違いありません。

私も若い頃、親や先生とかに同じような事を言われたような気がします。だけど、結局、目先の遊びなどに惑わされて、全てが中途半端、自分が無い状態で、歳だけ取ってしまって、頭は固くなり、人に頼ることもできず、会社でもお荷物と化している。こうなりたくはなかったけど、結局、自分が選択してきた結果が、これですね。もし、これを読んだ若い方がいらっしゃいましたら、私と同じようになってほしくないです。

私はネガティブなので、この先のこともとても良いように思っていません。でも命ある限りは頑張らないと仕方ないなと思います。取り留めのないグダグダ話になってしまいましたが、読んでいただきありがとうございました。

#熊本 #プログラマ #システムエンジニア #後悔先に立たず #昭和 #平成 #令和 #ネガティブ #人生 #中途半端 #若い方々に私と同じ様になってほしくない #チャレンジ #努力

ゲームはあまりはまってする方ではないのだが、周囲が結構やっているので、少し気になってPCにインストール中。明日は仕事なのだが…。

仕事ではやることなすことが全て中途半端で最悪の結果しか生んでいない。
社会人、ビジネスパーソンとしての基礎が全くなっていない。
この歳で非常に恥ずかしいことであるが…。

大丈夫だろうか。俺は。

あ、そういえば、今日はFinalFantasyⅢのサントラを久々に聴いていたのだけど、曲が良すぎて感傷に浸っていました。名曲すぎる。

#熊本 #ソフトウェア開発 #人材募集中 #プログラマ #システムエンジニア #fortnite #パソコン #PC #仕事 #自己啓発 #自己嫌悪 #ビジネスパーソン #サラリーマン #連休中も仕事頑張ろう #FF #FinalFantasy #サントラ #サウンドトラック #名曲 #神曲 #植松伸夫さん